福祉の仕事|ピアノレッスンでカッコよく楽器を弾きこなせる

ピアノレッスンでカッコよく楽器を弾きこなせる

ウーマン

福祉の仕事

メンズ

働きながら資格を得る方法

病気や障害など様々な理由から日常生活に支障をきたしている人の相談や援助を行うのが社会福祉士の役割です。社会福祉士の国家試験を受けるには、大学や専門学校を卒業する必要があるのですが、数年前の制度改正で一定の教育課程を修了していたり実務経験がある人は短期間の教育課程で受験資格が得られるようになりました。そのため、働きながらキャリアアップを目指す人ことも可能な資格です。新潟県の場合、新潟市に福祉系の大学や専門学校が集中しているのですが、その中には通信課程で社会福祉士を目指せる学校もあります。通信課程であれば新潟市以外や県外に住んでいる人でも学ぶことができますし、教育給付訓練制度が利用できる学校を選ぶと学費の負担も少なくて済みます。

学校の選び方

通信課程は自宅での学習が基本ですが、社会福祉士になるための通信課程ではどの学校でもスクーリングがあり直接授業を受けなければいけません。学校によって日数等は異なりますが、特に働きながら学習している人の場合は休日数も限られているでしょうから、たとえ通信と言えども通いやすい場所であるかどうかも重要な点になります。中にはスクーリング会場をいくつかの地域に分けて実施している学校もあるので、よく調べて選ぶことが賢明でしょう。また、教育給付訓練制度はすべての学校で利用できるわけではなく、利用するにも一定の条件が必要になります。新潟県は高齢化率が常に全国平均よりも上回っている県なので、特に資格取得後は福祉関係で活躍する場が多数あります。